第二の永久歯?インプラント治療の先進性とは


義歯治療の課題を解決

虫歯などで歯を失ってしまった場合、一般的な治療法ではその痕に入れ歯やブリッジを装着することで補完します。

ただ、言うまでもないことですが、入れ歯やブリッジは天然の歯の完全な補完物とはなりません。というのも、これらは天然の歯とは基本的な構造が異なるからです。最も大きな違いは、歯根があるかないかです。

歯根とは文字通り歯の根っこの部分のことで、天然の歯であれば歯槽骨と呼ばれる顎の骨につながる部分にしっかりと嵌まっており、歯冠部分を支えています。しかし入れ歯やブリッジはこの歯根に当たる部分がなく、宙に浮いている状態のため、噛む力がどうしても天然の歯に比べると弱くなっています。

この課題を解決すべく開発されたのが、インプラント治療と呼ばれる先進的な歯科医療技術です。

固いものでもしっかり噛める

歯科医療におけるインプラントとは、チタンなどの金属でできた人工歯根のことをいいます。インプラント治療では、この人工歯根を歯槽骨に埋入し、その上にセラミックなどでできた義歯を装着します。インプラントの素材に使われている金属は時間が経過すると生体としっかり固着するという性質を持っているので、かなりの負荷に耐えることができます。そのため、入れ歯やブリッジに比べると強い力でものを噛むことができます。

最新のインプラント治療では、コンピュータを使って装着時の角度や高さなどを詳細にシミュレートしたうえで施術を行います。そのため装着後は咬み合わせが非常にスムーズで、天然の歯と比べてもそれほど劣らないほどの自然な使用感が得られます。

三鷹のインプラントができる歯科医は、三鷹駅から徒歩約2分のところにあります。インプラントをすることで失った歯を取り戻すことができます。