インプラントを長持ちさせるためにはアフターケアが大事です


骨の状態を確認しよう

インプラント治療を行えば本物の歯のような見た目と使い心地を得ることができますが、こうした治療も誰もが受けられるというわけではありません。まず、インプラントを成功させるためには骨の状態が良いことが大事です。埋入に必要な骨量が不足していると治療がうまくいきませんし、埋め込みをしても早期に脱落してしまう可能性があります。

かつては、骨の状態が良くない人は治療ができないということも多かったですが、最近は骨の量を増やす治療も登場しており、かつては難しかった症例にも対応できるようになっています。

治療方法も事前に骨を作っておく方法もあれば、インプラントの埋め込みと同時に骨の移植を行う方法もあります。

まずは検査を受け、それぞれに最適な治療を選んでいきましょう。

定期検診を利用しよう

インプラントは人工の歯ですので、それ自体が虫歯になるという心配はありません。では、永久的に使えるのかというと、そうではなく、長持ちさせるためにはそれなりの努力が必要です。毎日の歯磨きを丁寧に行うことはもちろん、細かな部分は歯間ブラシやフロスも使用して丁寧に汚れを除去していきましょう。

インプラント周囲炎になると、最終的にはインプラント周囲の骨がなくなり、抜け落ちてしまいます。歯周病よりも自覚症状が出にくいのでかなり進行していても気づかないということも少なくありません。

それゆえ、定期検診や歯のクリーニングなどのアフターケアはとても大事となります。歯科医院を選ぶ際は治療の技術力はもちろんアフターケアまで万全に行ってくれる医療機関を選ぶことが大事です。

杉並区で行うインプラントの歯科は、治療後のケアを重視してインプラント体が細菌感染による劣化を防ぐことが出来ます。