美容整形の人気な施術方法は目元!どんな方法があるか紹介します


プチ整形の施術方法って?

プチ整形は、糸や注射を使用して行う整形技術です。メスを使わずに行うため本格的な整形までとはいかないから、プチ整形と世間ではいわれています。プチ整形の代表的な技術は埋没法です。これは、目を二重にする整形技術です。まぶたの裏を糸で縫いつけることでまぶたを折り込み、二重の線を作るのです。そのため、自然な二重を作ることが可能となります。注意したいことは、まぶたの脂肪の量や皮膚の厚みによっては二重の線がうまく出来ない場合があります。出来ても糸が取れてしまうこともあるため気をつけましょう。

メスを使う整形の施術方法は様々

メスを使った整形技術は目を二重にすることはもちろんのこと、目の大きさまで変えることが可能です。目を二重にする方法には、全切開と部分切開があります。まぶたをメスで切って、余分な脂肪や皮膚を取り除いてから縫いつける方法です。埋没法で二重にならなかった人に向いている施術方法です。また、切開する場所を変えることで、二重の幅を自由に決めることが出来ます。目の幅を変える技術には、目頭切開と目尻切開という方法があります。目頭切開は目が離れ気味な人、目尻切開は目が寄り気味な人に向いています。目の横幅を変えることで、目の形のバランスを取ることが可能です。切開をし過ぎると不自然になってしまうため、やり過ぎには注意してください。メスを使用して行う整形は効果が半永久的に続きますが、やり過ぎると修正が難しい場合もあります。そのため、どの施術方法が自分に合っているのかをしっかりと考えてから、施術を受けるようにしてください。

美容整形には目を二重にしたり鼻を高くしたり、顔の輪郭を変えたり、豊胸にしたりと様々な種類があります。