妊娠中の方は必見!葉酸サプリの様々な効果


胎児の神経管閉鎖障害の予防効果

葉酸には様々な効果があり、妊婦の方には特にその効果が発揮されます。その1つとして、胎児の神経管閉鎖障害の予防効果があり、多くの研究で明らかになっています。また厚生労働省からも妊娠の可能性がある女性は通常の食事からの葉酸摂取に加え、サプリメントなどの栄養補助食品からの葉酸摂取をするよう推奨されています。このように葉酸サプリの摂取は、妊婦の方にとって胎児の神経管閉鎖障害の発症リスクを低くするためにとても効果があるのです!妊娠中の方は食事に気を付け、葉酸サプリなどで葉酸を積極的に摂取しましょう!

自律神経の乱れによるつわりの軽減効果

妊婦の方は特にわかると思いますが、妊娠中はつわりがとても辛い時期がありますよね。このつわりの原因として、ストレスによる自律神経の乱れがその1つとされています。そこで葉酸サプリの出番です!葉酸には気持ちをリラックスさせ、自律神経を安定させる効果があります。この効果により、自律神経の乱れによって起こされるつわりを軽減してくるのです!またサプリであれば、手軽に摂取できますよね!

母体の免疫力を高める効果

妊娠すると母体の免疫力が低下し、とりわけ細胞性免疫が低下すると言われています。そうなるとウイルスなどを体の外に排除することができず、病気にかかりやすくなり、胎児にも負担がかかってしまいます。ここでも葉酸サプリの出番です!葉酸は病気から体を守る免疫細胞の源であるタンパク質の合成を促進させます。これにより、免疫細胞を強くし、母体の免疫力を高めることができるのです!
いかがでしたか。これから産まれてくる赤ちゃんの健康のためにも食事と飲みやすい葉酸サプリをしっかり摂取していく習慣をつけていきましょう!

胎児の神経管閉鎖障害のリスク低減のために、妊娠初期には食事とは別に葉酸サプリから1日400μgの葉酸を摂取することが望ましいとされています。